利回り不動産の評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

利回り不動産は、1口1万円から投資できる不動産投資型クラウドファンディングです。

「ワイズコイン」というポイント制度を導入しており、利用状況に応じて投資に使えるポイントを付与されることが特徴です。

本記事では、利回り不動産の特徴やメリット・デメリット、実際に利用した人からの口コミについて紹介していきます。

利回り不動産の公式サイトはこちら⇒

利回り不動産の評判・口コミは?実際に投資している人の声を紹介!

まずは、実際に利回り不動産を利用した人からの評判・口コミを確認していきましょう。

利回り不動産の良い評判・口コミ

初めに利回り不動産の良い評判・口コミを紹介します。

不動産投資は初めてでしたが、1万円から投資できると聞いて、気軽な気持ちでチャレンジできました。
不動産投資はハードルが高いイメージがありましたが、利回り不動産なら少額・短期運用で始められます。
新規登録キャンペーンでワイズコインを2,000コイン受け取れました。

すぐ投資資金に充当できたので、お得にポイント投資ができました。

利回り不動産では、1口1万円から投資ができる点や短期運用が可能である点に良い評判が聞かれました。

また、時期によっては新規登録キャンペーンでワイズコインを受け取れることもあるようです。

利回り不動産の悪い評判・口コミ

次に利回り不動産の悪い評判・口コミを紹介します。

利回りが高いファンドは、なかなか当選しない。
1年未満のファンドが多いので、長期運用には向かない。

利回り不動産では利回りが高いファンドも取り扱っていますが、募集金額を上回る応募があり、なかなか当選しないケースもみられます。

利回り不動産の公式サイトはこちら⇒

利回り不動産の強み・メリット3選

利回り不動産には、以下の3つのメリット・特徴が挙げられます。

  • ポイントが貯まる&使える
  • 空室リスクが低減されている
  • ほぼ毎月新規ファンドが募集される

それぞれ詳しく確認していきましょう。

利回り不動産の強み・メリット1.ポイントが貯まる&使える

利回り不動産では、投資や口座開設に応じて「ワイズコイン」が付与されます。

ワイズコインは1コイン=1円として、投資の原資に充当することが可能です。

例えば、ファンドの申込金額が1万円で、ワイズコインを2,000コイン保有している場合、利用者が投資資金として振り込むのは差額の8,000円となります。

投資資金への充当は自動的に行われるため、ポイントを交換する手間もかかりません。

利回り不動産を利用するほどワイズコインが貯まっていくため「お得にポイント投資をしたい」「リピーターに対する優遇が欲しい」という人には嬉しいサービスです。

また、ワイズコインは2,000コインからAmazonのギフト券への交換もできます。

利回り不動産の強み・メリット2.空室リスクが低減されている

利回り不動産で取り扱う投資物件では、管理する不動産会社によって満室保障(マスターリース契約)が行われています。

そのため、空室リスクを低減しながら安定した賃料を得ることが可能です。

不動産投資を行う上でのリスクのひとつである空室リスクを低減できるのは、投資家にとって大きなメリットといえます。

利回り不動産の強み・メリット3.ほぼ毎月新規ファンドが募集される

利回り不動産では、2021年4月に募集された第1号ファンド以降、ほぼ毎月新規ファンドが募集されています。

1ヶ月で複数のファンドが募集されることもある上に、取り扱う不動産もリゾート施設や都心マンション、地方の戸建てなど様々です。

「色々な選択肢の中から投資先を選びたい」「少額ずつ複数のファンドに分散投資したい」という人にとっては、豊富なファンドの取り扱いがあるピッタリのサービスでしょう。

利回り不動産の公式サイトはこちら⇒

利回り不動産の注意点・デメリット

様々なメリットが挙げられる利回り不動産ですが、ファンドによっては投資上限が設定されていることがあります。

2022年4月に募集された「利回り不動産23号ファンド(札幌中島PJ第3回)」では、1人あたりの上限口数が10口となっていたため、最大10万円までしか投資ができませんでした。

これは、より多くの人が投資できるように配慮された施策ですが「大口での投資をしたい」という人にとってはニーズが合わないかもしれません。

全てのファンドで投資上限が設けられているわけではないため、申し込み時に上限口数の有無をチェックしておくとよいでしょう。

利回り不動産のリスク3選

利回り不動産には、以下の3つのリスクがあります。

  • 出金時に手数料がかかる
  • ファンドによっては応募が殺到する
  • 口座開設に3~5営業日かかる

それぞれ詳しく確認していきましょう。

利回り不動産のリスク1.出金時に手数料がかかる

利回り不動産では、配当金や償還金の出金に145円の手数料がかかります。

手数料は出金の都度かかってしまうため、なるべくまとめて出金手続きを行うようにしましょう。

なお、出金先がGMOあおぞらネット銀行の場合は手数料が無料となります。

利回り不動産のリスク2.ファンドによっては応募が殺到する

利回り不動産では、高利回りファンドなど注目が高いファンドには応募が殺到すること

があります。

2021年9月に募集された「利回り不動産8号ファンド(メゾンクレスト中島公園)」では、495万円の募集に対して約13倍となる6,538万円の応募がありました。

利回りの高いファンドや物件のスペックが高いファンドは、なかなか当選しないこともあるかもしれません。

利回り不動産のリスク3.口座開設に3~5営業日かかる

利回り不動産では、口座開設の完了までに3~5営業日かかります。

ファンドへの申し込みは口座開設完了後となるため、投資したいファンドがある場合は、余裕を持って口座開設の手続きを行いましょう。

利回り不動産の公式サイトはこちら⇒

利回り不動産は儲かる?実績を確認

利回り不動産で取り扱っているファンドでは、どれくらいの利益が得られるのでしょうか。

下記の表は、実際に利回り不動産で募集されたファンドの概要です。

ファンド名 利回り不動産19号(国立サニービル第2回)
想定利回り 8.0%
運用期間 6ヶ月
最低投資金額 10,000円
募集金額 6,300万円

上記ファンドは、東京都国立市の賃貸マンションへの投資を目的に立ち上げられました。

想定利回りが8.0%であるため、仮に10万円を投資すると運用期間の6ヶ月で4,000円の配当金がもらえる計算です。

もちろん投資リスクはあるものの、短期運用で8.0%もの利回りが取れるのは、十分魅力的な水準ではないでしょうか。

利回り不動産の仕組みをわかりやすく解説

利回り不動産で取り扱う不動産投資型クラウドファンディングは、インターネット上で投資家からの資金を募り、集まった資金によって不動産の取得・運営を行う仕組みです。

投資家には、不動産経営で得られた利益が定期的に還元されるメリットがあります。

ただし、不動産価格の下落などによって元本が損失するリスクもあります。

利回り不動産では、そうしたリスクに備えて「優先劣後システム」を導入しています。

次項で詳しく解説していきましょう。

利回り不動産は優先劣後システムを導入

優先劣後システムとは、投資家からの出資分を「優先出資」、事業者からの出資分を「劣後出資」とすることで、投資家の元本を優先的に守る仕組みです。

万が一運用に損失が発生した場合は、劣後出資者から負担するため、劣後出資分の割合までは投資家の元本が守られるようになっています。

もちろん、劣後出資の範囲を超えて損失が出た場合は、投資家の元本にも影響が出てしまいますが、一定水準までの損失に耐えられる仕組みは投資家の安心感につながるでしょう。

利回り不動産の公式サイトはこちら⇒

利回り不動産に税金はかかる?

利回り不動産で受け取った配当金は、雑所得として課税対象になります。

不動産投資型クラウドファンディングの配当金は源泉徴収税の対象となることから、20.42%の税金が差し引かれたうえで投資家の口座へ入金されます。

利回り不動産は確定申告が必要な場合がある

年末調整を受けている会社員の場合は、雑所得が年間20万円を超えると原則確定申告を行わなければいけません。

詳細は最寄りの税務署もしくは税理士へたずねましょう。

利回り不動産は「ポイントを活用して投資したい人」におすすめ!

利回り不動産は、ポイント投資をしたい人におすすめです。

利回り不動産での口座開設や投資に応じて付与されるワイズコインは、1コイン=1円として投資資金に充当できます。

投資資金への充当は、ファンドの当選時に自動で行われるため、ポイント交換などの手間もかかりません。

「ポイントを活用してお得に投資がしたい」という人は、ぜひ利回り不動産を利用しましょう。

利回り不動産の公式サイトはこちら⇒

利回り不動産の運営会社情報

利回り不動産は「株式会社ワイズホールディングス」によって運営されています。

下記の表に株式会社ワイズホールディングスの会社概要をまとめました。

株式会社ワイズホールディングスの会社概要

株式会社ワイズホールディングスの詳細情報は以下の通りです。

会社名 株式会社ワイズホールディングス
所在地 〒105-0001
東京都港区虎ノ門4丁目3番1号 城山トラストタワー33階
設立 平成26年8月
資本金 1億円
代表者 和泉 隆弘

萩 公男

まとめ

利回り不動産は、1口1万円から投資できる不動産投資型クラウドファンディングです。

ほぼ毎月新規ファンドの募集が行われており、リゾート施設や都心マンション、地方の戸建てなど様々な物件が取り扱われています。

「少額投資から始めたい」「複数のファンドに分散投資したい」という人は、ぜひ利回り不動産で口座開設を行いましょう。

利回り不動産の公式サイトはこちら⇒

  • コメント: 0

関連記事

  1. TSON FUNDINGの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  2. ハロー!RENOVATIONの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  3. VERFUND(ベルファンド)の評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  4. 不動産クラウドファンディングをやってみた人の評判は良い?プロ投資家目線でメリット・デメリットからポイントまで徹底解説!

  5. BATSUNAGUの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  6. Pocketの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  7. ASSECLI(アセクリ)の評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  8. 一口家主 iAssetの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  9. ポケットファンディングの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  10. 利回りくんの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  11. OwnersBookの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  12. DL Fundingの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  13. Myファンドクラウドファンディングの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  14. Good Com Fundの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  15. RENOSY クラウドファンディングの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ

  1. みんなdeマンション経営の評判・口コミはどう?メリット・デメリッ…

  2. おにぎりFUNDINGの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリ…

  3. ゴコウファンドの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリ…

  4. ちょこっと不動産の評判・口コミはどう?メリット・デメリットから…

  5. トーセイ不動産クラウドの評判・口コミはどう?メリット・デメリッ…

最新のファンド情報を毎週配信中!

\ 最新のファンド情報を毎週配信中 /
メルマガに登録すれば、好条件のファンド情報や限定キャンペーン情報を見逃さずにチェックできます!
無料メルマガ登録はコチラ
\ 最新のファンド情報を毎週配信中 /
好条件のファンド情報や限定キャンペーン情報満載!
無料メルマガ登録